「サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)」と有料老人ホームは、似ているようで全く違う賃貸住居です。 「サ高住」はあくまで住宅なので、介護サービスが主な目的ではありません。そのため、バリアフリー設備などは整っていますが、設備によっては介護サービスがほとんどない場所もあります。 一方、有料老人ホームは、住宅というよりも介護サービスを受けることが1つの目的になっていますので、日常的な生活援助をしてくれます。例えば、入浴、排泄、食事補助など、隅々まで行き届いたサービスを受けることが可能です。 最近は「サ高住」も多様化し、ニーズに合わせて介護サービスが充実した施設も増えてきましたが、介護サービスのレベルは施設によって大きく違うので、入居前にきちんと調べてみてください。 もう一つ大きく違うのが契約形態です。サ高住は最初に敷金を納めます。もし介護が必要な場合、訪問介護サービスを依頼することができます。(あくまで外部からのサービスという位置づけです) そのため、介護レベルが変わり、受けられる介護では対応が出来なくなった場合は、他の地に移り住まないといけなくなります。 一方、有料老人ホームは入居一時金を支払う「利用権方式」なので、サービスの提供を受け続けることが可能です。 どちらを選ぶにしろ、最初の資金が必要です。自宅を売るとどのくらいの現金が得られるのか、年金はどのくらい得られるのかを明確化して、将来について早めに計画しておきましょう。

不動産の資産価値を知りたい方はこちら

詳細はこちら


不動産コラム:売却に失敗しない・高く売るコツ

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

内覧者を出迎えるときはなるべく窓は開いたままにしてください。窓が開け放されていると風の通り道ができて気になるホコリをなくすことができますし、家に染み付いた臭いなども消し去ることができます。

不動産売却査定コラム:失敗例

売り出し価格の設定は用心すべきことがあります。値段が高すぎますと買手が購入を検討してくれない可能性がありますし、逆に低価格にしすぎますと、あなたが見越していた価格に届かない価格で売却されてしまう恐れがあります。

不動産売却査定コラム:高く売るコツ

自分にあった不動産業者を探す時には、3社くらいを目処に巡ってみるのが良いと思います。不動産のお店を2件程度だと相性が合う不動産のお店は見つけられないこともあるのです。

不動産を高く売りたい方はこちら

詳細はこちら